お酒によるむくみの解消法

お酒を飲んだ後、むくみが出た経験はありませんか?

翌日に顔がパンパンに張っていた、そんな状態を経験した人は多いと思います。

むくみは、体内に水分が溜まることから起こります。

ですが、お酒は利尿作用があるので、トイレに行く回数も増えて放出しやすい状況になります。

なのに、どうしてお酒がむくみを招くのでしょう。

それは、お酒が脳の働きを鈍くするからです。判断力が鈍って、必要以上にたくさんのお酒を飲んでしまうというわけです。
また、アルコールは肝臓で分解されます。その際の解毒に必要な水分が体内で消費されます。

お酒を飲んだ時に喉が渇くのはそのためですが、水を飲んだ場合は胃ではなく、小腸で吸収されます。

したがって、喉の渇きを感じなくなるまでに、一定の時間を要します。

しかも脳の働きも鈍っていて、必要以上に水を摂取してしまう傾向があります。

このような経緯で体に余分な水分を溜めてしまう結果、翌日のむくみにつながるのです。
お酒でむくみが生じた時、有効なのは入浴することです。こうすれば汗をかくことで不要な水分が排出されます。

お酒が残っている時の入浴は避けるべきですが、残っていなければ、むくみの解消には最適な方法だと言えます。

入浴以外でも、なるべく汗をかくことを心がけましょう。

汗によって、不要な水分は体外に排出されます。そうすることによって、むくみの原因を取り除くことができます。
むくみの解消法として、軽い運動を取り入れるのも効果があります。

首をぐるぐる回す、手足をブラブラと振るなど、ちょっとした運動で十分です。

中でも特に顔のむくみが気になる場合は、顔体操が効果を発揮します。
そうは言っても、二日酔いで辛い時は、軽い運動でさえしたくない場合もあります。

頑張っても動けないような時は、お茶を飲むことによって利尿作用を高める方法があります。

こうして余分な水分が排出されれば、むくみも取れてくるでしょう。

お酒は適度に飲むのが理想です。

だから、むくまない程度に飲むのが健康にも良いわけですが、付き合いなどで、飲まないえわけにはいかない場合もあります。

むくみの仕組みを理解して、出てしまった時は解消するする方法を試してみましょう
もっと詳しく⇒むくみ 原因
 

むくみから疑われる病気

むくみの症状には、全身にあらわれるものと、身体の一部だけにあらわれるものがあります。

その原因が、単に水分や疲労物質が蓄積されているだけなら良いのですが、中には病気が原因の場合があるので注意が必要です。

むくみから疑われる病気にはどのようなものがあるか、見ていきましょう。
■糖尿病や心臓、肝臓病

むくみは、血液やリンパの流れがスムーズではないことから起こります。

そのような状態の時は何らかの血管障害が疑われるのですが、心臓が原因でそうなっているケースがあります。

逆に、むくみが出るほど血流が悪いため、心臓の働きを阻害している可能性もあります。

特に、むくみが呼吸困難などをともなう際には、心臓病が疑われます。

また糖尿病の疑いがある場合は、むくみが下肢に出ることが多いようです。

注意が必要なのは、これだけではありません。

動いたときに息苦しかったり、胸がつまるような苦しさを感じるなど、むくみと一緒にこれらの症状が出たときは注意してください。

肝臓が悪い時は下肢にむくみが出やすく、同時に腹が膨れてくるという症状が出ます。

肝機能障害に見られる特徴は、黄疸、あるいは腹痛、手のひらが赤味がかっている、意識障害などです。

自分がこのような症状に当てはまっていないか、むくみとともに注意しておきましょう。
■ビタミンB1欠乏症や下肢静脈瘤

むくみの病気として近頃よく取り上げられるのが、下肢静脈瘤です。

クモの巣を張ったように下肢の静脈が浮き出ている状態は、見た目も悪く異常がはっきりわかります。

放置しておくのは危険で、さらに悪化すると重度の血管障害を引き起こす可能性があります。

ただし、一日の入院で簡単に手術が行えますから、この手術を希望する人も多いようです。

手足のむくみと同時に、激しい動悸やしびれを感じる場合などは、ビタミンB1欠乏症が懸念されます。

これは筋力の低下も特徴の一つになります。食生活の中で栄養が偏っていると感じている人は、気をつけたほうが良いと思われます。

この他、むくみの原因としては、甲状腺機能障害や悪性リンパ腫なども考えられます。

やはり、身体にむくみが出るというのは、何らかの異常があるからだと考えておいたほうが無難かもしれません。

むくみをチェックする方法

むくみが起こると、顔や足がパンパンに張ってしまいます。

そこで、むくみをチェックする簡単な方法を幾つか紹介してみたいと思います。

まず、親指や人差し指で、むくんでいる部分を30秒くらい押してみましょう。

次に手を離して、その場所を観察してください。時間が経過してもへこみが消えない場合は、そこがむくんでいると考えてよいでしょう。
むくみに悩んでいる人が多く居る一方で、むくみとは無縁の人も存在します。

一般的には、女性のほうが男性よりむくみやすいとされています。

また、肥満傾向にある人は、心臓への負担が大きいために、むくみやすいとも言われます。

血圧が低めの人も心臓のポンプ機能が弱いために、むくみやすいことが指摘されています。

心臓の働き以外では、年齢を重ねることで内臓機能が低下した場合も、むくみやすくなります。

リンパの流れが悪くなることによって、むくみを生じるというわけです。
この他にも、むくみの要因としては色々なものが考えられます。

では、むくみやすい人とは、どんな人のことを言うのでしょう。それを判断するチェック方法を紹介しましょう。

むくみやすい人は、以下の項目の中に該当するものが多くあるはずです。

是非、一度、チェックしてみて欲しいものです。
・座ってばかり、あるいは、ずっと立ったまま、など、同じ姿勢を続けることが多い

・運動が不足している

・塩分を摂る機会が多い

・水分を摂る機会が多い

・お酒を大量に飲む

・睡眠不足がちである

・不規則な生活が続いている

・体質的に冷え性である

・最近、体がだるく、疲れやすくなった

・ストレスに敏感、または悩むことが多い

・夕方になると靴がきついと感じる

ざっと見て判るように、各項目の中身は、生活習慣に関するものです。

このことからも、普段の生活が、むくみに大きく関係していることが理解できるでしょう。

つまり、生活習慣を見直すことは、むくみの解消法を見つける第一歩となるのです。